「ほっ」と。キャンペーン

タグ:視覚マーケティング ( 9 ) タグの人気記事

[東京都実践デザイナー育成講座 デザイン・ツールズ]ご参加ありがとうございました。

JIDPO(日本産業デザイン振興会)と東京都共催による、
現場デザイナーのための教育支援講座

<2010年度東京都実践デザイナー育成講座 デザイン・ツールズ>
が開催されました。

第1期:デザイナーのためのステップアップセミナー
第2期:デザインマネージャーのためのスキルアップセミナー
第3期:活動の領域を広げたい人のためのパワーアップセミナー
の3部構成となっています。

こちらの第1期と第2期より、それぞれ1コマを担当させて頂きました。


================================
「計画を立てる」宣伝計画
================================
宣伝やパブリシティーのためのデザインも、これからは「手足のようなデザイン」ではなく、「思想・哲学・戦略としてのデザイン」になる必要がある、とウジさん。
より上流工程からデザインが関わっていくために「戦略〜デザイン〜宣伝計画をシームレスにつなぐ仕組みづくりも重要だ」と話されました。(中略)
顧客との接点のひとつである宣伝計画が、最終的には上流工程にある“戦略としての”製品デザインに繋がっていく、というのが理想の形ではないでしょうか。
今回の講義は、とくにインハウスのプロダクトデザイナーの受講生にとっては、さまざまな新しい気づきに繋がったようです。(第1期:6回目 2時限目/宣伝計画/レポートのまとめより)

================================
「戦略」視覚戦略
================================
視覚戦略においては3つのポイント、つまり「存在する(認知される)ことは、実存(実在)することではない」「視覚マーケティングでは先行者(認知される順)に利益がある」「差別化戦略とは程度問題ではなく、傾向としての差別化」を踏まえることが基本。(中略)
最後に、視覚戦略の目指すところは「日々消費されてしまう販促ツールではなく、ブランディング」「今すぐ売れるための対策ではなく、将来に大きな実を結ぶための先行投資」であると認識ほしいと結びました。第1期同様、キレのある分かりやすい講義でした。(第2期:3回目 2時限目/視覚戦略/レポートのまとめより)
================================

プロダクトデザイナーを中心に企業の方の参加が多かったでしょうか。ちょうどご自身のお仕事が「ノリ」はじめた現場のデザイナーさんという方のご参加嬉しかったです。これがきっかけで自社イベントのデザインマーケティングカフェにもご参加くださった方も数名いらっしゃいました。

個人的に若いデザイナーを誘いオープニングセミナーを聴講させて頂きましたが、諸先生の体験や主張もさることながら、どうやってデザイナーが社会や発注者に貢献していけるか、プロジェクトにどう関わっていったらいいのか、という志の高い議論が非常に具体的にディスカッションをされていてとても価値の高いセミナーだと思いました。

とくに西村浩氏の地方での取り組みの事例の中で「どうやって次につなげるのか」>>「記念写真を沢山撮れる機会を作れるような」コミュティを育てながらの活動という所は大変に感銘を受けました。

また、日建設計でプロジェクトマネジメント室長を務める大松敦氏のご講義も、なかなか通常デザイナーが直接聞けるお話ではありません。六本木ミッドタウンなどのプロジェクトマネジメントという、規模の大きいグランドデザインの描き方を事例を示し、具体的にお話しされていました。

スキルアップを目指すデザイナーの方およびデザインを現場で管理する担当者、マネージャーの方でご興味をお持ちの方は、次回以降の「東京都実践デザイナー育成講座 デザイン・ツールズ」をぜひチェックしてみてください。


1期だけで考えると、16コマで36,800円(2,300円×16コマ)、3コース合計で受講すれば110,400円(2,300円×48コマ)となりますが、価値ある投資ではないでしょうか。

▼東京都実践デザイナー育成講座 デザイン・ツールズ公式サイト
http://www.tokyo-design-tools.jp/index.htm

▼デザインマーケティングカフェ
http://smarketing.exblog.jp/12655666/

▼使えるデザインセミナー「デザインなんて哲学そのものだろう」
http://ujipub.exblog.jp/13269471/
by sikaku-marketing | 2011-05-01 08:44 | セミナー・講演・イベント情報

『女性顧客を惹きつけるデザインマーケティング』セミナーご参加ありがとうございました

f0165451_181234100.jpg
f0165451_18125114.jpg


あいにくの天候の中、多数ご参加頂きましてありがとうございます。

昨日の女性を惹き付ける・・・セミナーは、『女性』をキーワードに感覚的アプローチを左脳的、メディアニュートラルな戦略ベースで構築するという、やや、複雑構造のセミナーでしたので・・・・、240分と言う短い時間では消化しきれない!という方も、いらしたかもしれませんね。


ただ、主催者側の意図するところとしては

デザインにかける予算や時間も山のようにあり
社内環境は抜群
上司は感覚的な企画を通すのにとっても協力的&かつ積極的・・・

なんて話は今現在の日本では皆無に等しいと思っており

できるだけ「デザインの周辺環境」から考えて、責めていくこと、すなわち
小手先の戦術ではなく如何にして『戦略ベースでデザインを使うか』『資産となっていくのは、どういったデザイン戦略なのか』を実感して頂きたかった次第です。

ワークでは、数多くの方から素晴らしいアイデアを(モバイル戦略あり、クロスメディア・地域密着型あり、またかなりの大規模展開の事業戦略まで)ご披露頂きありがとうございました。また、そこに実際のデザイン戦略をきちんと沿わすまでに到達されていた方もある程度いらして、非常に嬉しかったです。

視覚効果の3原則、クラスとタイプによる戦略、アップ型&アラウンド型などはぜひ実際に現場で使って試して頂きたいですね!

主催者の皆さん、関係者各位、ご参加頂いた皆さん心からありがとうございました!

ーーーーーーーー


<<まだまだ見逃せない。セミナー情報>>


2月1日「聞くが価値vol.06」【大阪】

『聞くが価値』vol.06:
〜潜在無意識に訴えかける「デザインのチカラ」〜
「外見力」と「視覚力」で確実に突き抜ける最強ブランディング術

2〜3月は、予定を絞ろうと必死なのですが・・お誘いをいろいろと頂きまして感謝です。
3月は、某スーパーサラリーマンの方が主催される某UNDERGROUNDなセミナ−で講師をさせて頂きます。

視覚マーケティング何ぞや、というかたはもちろん、デザインや視覚に単純にご興味のある方もぜひ、ご参加をお待ちしています。

まずは2月1日、大阪でお会いしましょう!

▼鹿田さんのブログでインタビュー掲載中【ポッドキャスト配信】
「THEインタビュー101」vol.03:ウジトモコさん【前編】
「THEインタビュー101」vol.03:ウジトモコさん【後編】


f0165451_18345431.jpg

by sikaku-marketing | 2009-01-23 18:38 | セミナー・講演・イベント情報

嶋ひろゆきさんの公式ブログでピックアップされました!

「売れ顔」の法則—ならべれば売れるヒット商品のつくり方 嶋ひろゆきさんの公式ブログで日本最大級のマーケッター向け勉強会「商品開発の会」の2次会の模様がピックされていました。
f0165451_20291723.jpg


実はなんと、大手電器メーカP社のKさん、ユーザーデザインラボの田附さんからも(なんと北海道から!)「嶋さんのブログで紹介されているよ!」とメールをいただきました!

いっしょに映っているのは悪女研究会の代表でいい女でも代表ナオミさん、『出会いの大学』の千葉 智之さん。

いや〜。本当に豪華な会でした。


オールアバウトの方でもレポートしていますので、宜しければ覗いてみてくださいね!
by sikaku-marketing | 2008-09-15 21:01 | いい話

宣伝会議 7/15号『巻頭特集』でコメントが掲載されています。

宣伝会議 7/15号  
巻頭特集 「ホスピタリティの勘違い」

f0165451_23262672.jpg

でコメントを掲載してもらっています。

----------------

広告クリエイティブの「勘違い」を未然に防ぐには?

位置づけと戦略を可視化できるデザインは企業の大きな武器

(中略)販促で結果が出にくい企業の大半は制作会社にすべてをゆだねる「お任せタイプ」かあれもこれもとたくさんの要素を入れたがる「欲張りタイプ」に大別されるという。ウジ氏はこの2つのタイプの共通点として「自社の魅力や業界でのポジショニングについての認識が不十分で広告計画についても長期的な戦略がきちんと立てられていない場合が多い」と指摘する。

市場でのポジション取りが目に見えて重要となっている今日、(中略)視覚マーケティングができる企業にこそ、大きなチャンスがある。

----------------

宣伝会議 7/15号より


ご興味のある方は、ぜひ、お手に取ってみてくださいね。
by sikaku-marketing | 2008-07-18 23:29 | お知らせ

視覚マーケティングのススメ


-------------------

ぱっと見でマーケットを一気に拡大させてしまうのが「視覚マーケティング」

デザインの基本を知って、戦略的に使いこなせばローリスクハイリターンなのです。
私自身の実体験からもその思いは年々強くなっております。


発売前にゲラの一部を拝見しましたが、
デザインによって、その商品やサービスの
「世界観」や「雰囲気」を作りあげていくことの大切さと、
図解チャートを使って、デザインによる商品やサービスのポジショニングが
分かりやすく書かれています。

これまでなんとなく良く感じるデザイン、
何となくしっくり来ないデザインの違いは
わかるものの、実際にそれがなんなのかを
具体的に表現できる人はそう多くないのではないかと思います。


小さい会社が少ない投資で、最大限の回収をする際に
この本が役立ってくれるでしょう。

弊社のWEB制作担当者に、教材として一冊づつ配布する予定です。


企画運営  株式会社 とち亀物産
店長    上野 真歳 (うえのまさとし)

-----------------------

by sikaku-marketing | 2008-05-11 17:27 | 推薦文

般若心経にも書かれている視覚の大切さ


-------------------

もし極楽浄土に産業廃棄物が捨てられている絵を見たら・・・
とてもそんな世界に行きたいとは思わないですよね。

これは極端な例かもしれませんが、同じようにその会社のブランドを
デザインが台無しにしているのだとしたら
自分が社長だったら怖くなってしまいます。

般若心経に登場する人間の感覚は「眼耳鼻舌身意」の6つですが、
眼、つまり視覚が最初に書かれているのは、一番惑わされやすいから。

まず視覚に飛び込んでくるデザインによって正しいブランドが
伝えられなければ相手を迷わせてしまうことになり

せっかくのご縁を失ってしまうこともあります。


そんな大切な視覚ですが、これをテーマにしたマーケティング本って
なかったですよね。

この本をきっかけに世の中に広まることを期待してます。

                           合掌


【頼れる住職+なごみ税理士】 しょーえん

-----------------------

by sikaku-marketing | 2008-05-09 11:35 | 推薦文

この本は本物です。


-------------------

ウジさんにデザインしていただいた名刺を使うようになって売上げが
上がりました。

きっかけは名刺交換の際にお客様と話が出来るようになったこと。

今まで、スタッフ全員同じデザインの名刺でしたが、
それぞれが担当した建築の写真を入れるようにと
ウジさんのアイディアです。

名刺もイタリアを得意とするデザイン事務所らしく細くして下さいました。
名刺がそのまま営業ツールとしても使えることを実感しています。

お客様にはインパクトが強くすぐ覚えてもらえますし、
何より、カッコイイ名刺を持ち歩くスタッフのマインドが変わったようです。

この本を読んでウジさんが名刺をデザインしてくれた背景、
深い意図が良くわかりました。

知らずにいると勿体ないことばかりが書いてあります。
経営者の方にすぐに読んで欲しい1冊です。


 建築デザイナー 戸倉容子 

-----------------------

by sikaku-marketing | 2008-05-08 16:51 | 推薦文

No more spray and pray      谷口浩一


-------------------

『視覚』を軽視する経営者がまだまだ多いってこと、ご存知ですか?



『視覚=デザイン=色・形』程度の理解の上に立って、マーケティング/プロモーションをお考えになる。
これでは、せっかくの経営戦略も、社長さんの好き/嫌いのレベルに留まること間違いなし。


”Spray and Pray”


これは、マスメディアにたくさんのお金を積んで、大量に噴霧しまくって、
あとはうまくいくことを祈ろうっていう従来のマーケティング手法を揶揄する、遊び心と示唆に飛んだメッセージです。
まさに、『視覚』なくして戦略なし の時代に突入です。


例えば、経営者の多くは、Webサイトの中で起きている『事件』をご存じないようです。
知らないうちに振るいにかけられ、切り捨てられているという過酷な現実
を。
そして、「選ばれるか/切り捨てられるか」は、最初の接点であるサイトや
エディトリアルデザインなどの『視覚』要素が大いに影響しているということも。


世の中の人の多くは、あなたの会社がなくても困りはしません。
だからこそ、


『選ばれる理由』を『視覚』と『情報』


で武装することが必要なんです。


売れるには理由があります。
売れる戦略の裏には緻密な「視覚」マーケティングがあるんです。


「それはよくわかるが、何から手をつければいいか・・・」


なんて弱音は吐かないでください。
まだ手遅れじゃない。
なぜなら、今、こうして、あなたを導く良書が登場したんですから。




株式会社チームデルタ 代表取締役
Webプロデューサー  谷口浩一

-----------------------

by sikaku-marketing | 2008-05-07 20:34 | 推薦文

井組浩紀さんより感想文

-------------------

僕は、車の修理工場を経営しています。

どうしても、「修理」というと、お客様のイメージが、
「修理をしなきゃ」というイメージが先行しがちです。
つまりお客様が、「安く・安く」というイメージをいだかれているのかな?と、いつも思っていました。

ウジさんのこの本を少しだけ読ませてもらったんですが、
お客様に対して「安全」や「快適」さを視覚で訴えることができれば、
他社との価格競争にまきこまれずに、
自社の「オリジナル」での勝負ができると思いました。

素敵な気づきをありがとうございました。

□井組浩紀
(有)井組自動車工業

-----------------------



井組さん、実感のこもった感想をありがとうございました!!
by sikaku-marketing | 2008-05-06 21:51 | 推薦文