「ほっ」と。キャンペーン

タグ:スピードハックス勉強会 ( 1 ) タグの人気記事

エリエスの古屋さんがウジパブリシティーに取材にみえました!

f0054954_215147.jpg


エリエスブックコンサルティングの貴公子こと、出版プロデューサーの古屋荘太さん(カリスマプロデューサー土井英司さんの愛弟子?!)が昨日「ベストセラークラブ」の取材のために自由が丘のウジパブリシティーにおみえになりました。

f0054954_2191873.jpg


「ベストセラークラブ」とはなんぞや、、という方のためにちょこっとレクチャー。

公式サイトには

「エリエス・ベストセラークラブは、ビジネスでさらなる活躍の場を求める皆様に提供する著者発掘&PRサービスです。」

と書いてありますが・・・・

月一回の会報誌の中で紹介される会員の重版情報やメディア掲載情報から察するに、すでに『ベストセラー作家』の著者の会員さんもかなり多そう。つまり、著者&未来の著者の社交場っていう感じですね☆

ちなみに古屋さんとの出会いは、ベストセラークラブではなく実はこちら↓

f0054954_21214061.jpg

「スピードハックス勉強会」

偶然ですが、著者で人気ブログ「シゴタノ」管理人、大橋悦夫さんもベストセラークラブの会員なんですよ。


「スピードハックス勉強会」に一度でも出られたことがある、という方はイメージしやすいと思うのですが、となり近所に座った人などで即席チームを作ります。この時は確かチ−ムのネーミングまで決めて、ワークをかなりみっちりやりましたね。
ストップウォッチで時間を計られて、よーいどん!!(ワーク、ワーク、ディスカッション、ワーク・・・はぁ、いそがしい、いそがしい!!)

でも、このハードさのおかげで「セミナー隣席縁故率」はかなりあがる訳です。

ちなみにこのセミナーでお知り合いになった方は結構多くて、以前、事務所のブログで紹介させていただいた小林憲人さんもそのお一人。



人のご縁とは、つくづく不思議なものですね。



で、取材は何の取材だったかというと、「注目のブランド人」



昨日はおしゃべりしすぎないように、すべて事前に原稿にまとめていたにもかかわらず、フリートーク炸裂で・・・。


「そういう這い上がるストーリー、ギャップがいいんじゃないですか。」なんて(はい、それは半年かけて学んだ事ですが)私の人生の「七転び八起き」ネタや「執筆苦労」裏話などでかなり盛り上がってしまいました(*´▽`*)/

「し、しまった、ブランド人の条件を話すのを忘れた(汗;)送らなきゃ。。」



そう言えば、古屋さんって、博報堂の前はずっと取材業をされていたんでしたね。(ずいぶんと大人っぽい雰囲気ですけど、新婚ほやほやの20代!!)


と、いうことで原稿はどうなったでしょうか。とっても愉しみです☆
ベストセラークラブ会員の方は、ぜひ会報をチェックしてくださいね〜。



▼入会する?
「ベストセラークラブ」
▼古屋さんの会社
エリエスブックコンサルティング
▼この本の取材
視覚マーケティングのススメ
by sikaku-marketing | 2008-07-10 22:36 | お知らせ