視覚マーケティング実践講座ーブログデザインで自分ブランドを魅せるー【はじめに】

あの、ブログデザイン勉強会が本になりました。

f0165451_793843.jpg


"ブログのデザインは、単に「見た目を整える、読みやすくする」ということだけで考えてはいけない時代になっています。個人にとっても企業にとっても、ブログはWeb 上の活動拠点、コミュニケーションの軸として重要になっているはず。その役割に合ったデザインを考えるべきです。(視覚マーケティング実践講座/はじめにより)"

もっと読む>>
# by sikaku-marketing | 2009-08-30 07:50 | この本の中身

通勤立ち読み 『ブックラリー2009』

通勤立ち読み 『ブックラリー2009』で、「視覚マーケティングのススメ」のPodCast(無料)が聴けます。

先日、ミクシーの視覚マーケティング研究会コミュニティにも、「通勤立ち読み 『ブックラリー2009』を読んでという方がいらっしゃいました。

iPodやiPhoneはもちろん、PCでも聴けますのでぜひ。

-----------

通勤立読みブックラリー
名前:竹之内 隆
職業:MBA講師

■番組を視聴いただくにはアップル社のソフト「iTunes」が必要です。
こちらから無料で入手できます。
http://www.apple.com/jp/itunes/download/

「iTunes」がインストールできましたら、さっそく「iTunes」を立ち上げ、ここをクリックしてください。

■通勤立読み『ブックラリー2009』(無料番組)
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=281550237

---------------
# by sikaku-marketing | 2009-07-28 18:31 | セミナー・講演・イベント情報

リナックスカフェビジネスセミナー

イベントのお知らせです。

リナックスカフェ主催インターネットビジネスセミナーシリーズ/WEBマスタ-サミット

第10回テーマ『女性WEBマスター』
こちらにパネラーとして参加します。

女性のウェブマスタ-イベントというのはかなり珍しいのでは?詳細をつけておきますね。



■第10回テーマ『女性WEBマスター』

お申し込みはこちらから>>

もっと読む>>
# by sikaku-marketing | 2009-06-14 16:05 | セミナー・講演・イベント情報

風薫る5月は、新潟で視覚マーケティングのセミナー

はじめての新潟セミナーのお知らせです。

視覚マーケティングのセミナーを5/29(金)16:00〜19:00、開催します。

日時 2009年5月29日(金)16:00〜19:00(会場は15:30〜)

場所 ウィステリア(北方博物館となり)TEL 025-385-2246
   http://www.hoppou-bunka.com/coming/coming.html
   新潟市江南区沢海2丁目15-25 
   http://www.hoppou-bunka.com/access.html

会費 5000円(税込)

定員 先着30名

主催:ネットビジネス研究室(代表 横田 秀珠
http://profile.allabout.co.jp/fs/yokota-shurin/column/list/
↑横田さんのコラムもぜひチェックしてくださいね!


5月は新潟でお会いしましょう!
# by sikaku-marketing | 2009-04-01 22:32 | セミナー・講演・イベント情報

視覚マーケティングセミナー@UNDERGROUNDまとめ

パーソナルブランディングとメディアリレーション、シナリオやストーリーを考えつつ
「視覚マーケティング」を考える勉強会でした。

キーワードは「情報とデザイン」ですね。
f0165451_6202057.jpg

その場で発表して頂いたり
f0165451_621593.jpg

ちょっとワークショップっぽい感じも良かったです。
f0165451_6222243.jpg

これから、考えらるよ!という方はぜひ、こちらの解説図を・・・

時々思い出してくださいね!
f0165451_6311771.jpg

「光を描くには陰を描く」というセミナーでした。

みなさんのコンテンツやブランドがさらに光り輝きますように!

f0165451_6482579.jpg

ご参加ありがとうございました!

ーーー参加者の方の感想レビュー一部ご紹介ーーー
▼鹿田尚樹の「読むが価値」【ビジネスブック・ミシュラン】
視覚マーケティングのススメ@UNDERGROUNDに参加してきました!:【名刺とデザイン理論】
▼花の仕事人Blog
UG@視覚マーケティングのススメに参加!

ーーー視覚マーケティング研究会(MIXIレビュ–まとめ)ーーー
2009.3.23(月)視覚マーケティングのススメ@大井町
# by sikaku-marketing | 2009-03-24 06:49 | セミナー・講演・イベント情報

こっそり告知「【開催】ネタフル x シカマケ = ブログデザイン勉強会」


f0165451_23332652.jpg
詳細は[N]ネタフルブログからどうぞ!


▼関連エントリー
→ネタフルさんの記事が面白すぎる予感


【追記】
受付を終了しました。ありがとうございました。また,お知らせします!

# by sikaku-marketing | 2009-02-21 00:53 | セミナー・講演・イベント情報

『女性顧客を惹きつけるデザインマーケティング』セミナーご参加ありがとうございました

f0165451_181234100.jpg
f0165451_18125114.jpg


あいにくの天候の中、多数ご参加頂きましてありがとうございます。

昨日の女性を惹き付ける・・・セミナーは、『女性』をキーワードに感覚的アプローチを左脳的、メディアニュートラルな戦略ベースで構築するという、やや、複雑構造のセミナーでしたので・・・・、240分と言う短い時間では消化しきれない!という方も、いらしたかもしれませんね。


ただ、主催者側の意図するところとしては

デザインにかける予算や時間も山のようにあり
社内環境は抜群
上司は感覚的な企画を通すのにとっても協力的&かつ積極的・・・

なんて話は今現在の日本では皆無に等しいと思っており

できるだけ「デザインの周辺環境」から考えて、責めていくこと、すなわち
小手先の戦術ではなく如何にして『戦略ベースでデザインを使うか』『資産となっていくのは、どういったデザイン戦略なのか』を実感して頂きたかった次第です。

ワークでは、数多くの方から素晴らしいアイデアを(モバイル戦略あり、クロスメディア・地域密着型あり、またかなりの大規模展開の事業戦略まで)ご披露頂きありがとうございました。また、そこに実際のデザイン戦略をきちんと沿わすまでに到達されていた方もある程度いらして、非常に嬉しかったです。

視覚効果の3原則、クラスとタイプによる戦略、アップ型&アラウンド型などはぜひ実際に現場で使って試して頂きたいですね!

主催者の皆さん、関係者各位、ご参加頂いた皆さん心からありがとうございました!

ーーーーーーーー


<<まだまだ見逃せない。セミナー情報>>


2月1日「聞くが価値vol.06」【大阪】

『聞くが価値』vol.06:
〜潜在無意識に訴えかける「デザインのチカラ」〜
「外見力」と「視覚力」で確実に突き抜ける最強ブランディング術

2〜3月は、予定を絞ろうと必死なのですが・・お誘いをいろいろと頂きまして感謝です。
3月は、某スーパーサラリーマンの方が主催される某UNDERGROUNDなセミナ−で講師をさせて頂きます。

視覚マーケティング何ぞや、というかたはもちろん、デザインや視覚に単純にご興味のある方もぜひ、ご参加をお待ちしています。

まずは2月1日、大阪でお会いしましょう!

▼鹿田さんのブログでインタビュー掲載中【ポッドキャスト配信】
「THEインタビュー101」vol.03:ウジトモコさん【前編】
「THEインタビュー101」vol.03:ウジトモコさん【後編】


f0165451_18345431.jpg

# by sikaku-marketing | 2009-01-23 18:38 | セミナー・講演・イベント情報

視覚マーケティング講演会についてのお知らせ

1月&2月の講演会のお知らせです。

今回は新刊の執筆中ということで、新規の内容も多く含まれる予定です。
すでに書籍をお読みの方も、さらに充実した内容を取得・体感できる内容になっています。1月8日現在、多数お申し込み頂き、本当にありがとうございます。まだの方は是非、この機会にお申し込みください。


『女性顧客を惹きつけるデザインマーケティング』
〜デザインセンスを高める方法と失敗しないデザイン発注のコツ〜
f0054954_839579.jpg


日時: 2009年1月22日(木) 13:00〜17:00
会場: 主婦会館 (東京都千代田区)… 会場地図
受講料 35,000円+消費税1,750円…合計36,750円

◆セミナー概要◆

<第一部>デザインマーケティングとは
  ・女性の購買心理とデザイン
  ・女性の満足度を上げるデザインセンス
  ・実例研究
    1)ターゲットを狙う
    2)媒体特性を考慮する
    3)ポジショニングを明解にするデザイン戦略のコツとは
  ・右脳に働きかけるデザイン戦略
    1)人の記憶と潜在意識のしくみを知る
    2)ニッチ媒体や少ない露出でコンバージョンをあげるには?
    3)愛されるデザインマーケティングとブランド化

<第二部>デザインセンスを磨く
  ・素人でも必ず身につくデザイン力
  ・デザインセンスとは
  ・トレーニング
    ○文字組みデザイントレーニング
    ○レイアウトトレーニング
    ○配色トレーニング    他

<第三部>デザイン発注の具体策
  ・少ない投資で成果を上げるデザイン戦略
  ・デザイン発注とトータルコストダウン
  ・デザイン発注の3段階
    (1)コンセプトチャートで共通認識をつくる
    (2)ポジショニングマップで戦略を可視化する
    (3)ロジックツリーで顧客の反応とデザイン概要を決める

この他、マーケティングの「4M」(マキシマイゼーション、メディア、メッセージ、モチベーション)の観念から、デザインマーケティングについての効能を考えてみます。実践的なワークもあります。すでに、多数お申し込み頂きましてありがとうございます!現場の第一線でご活躍中の女性が多数参加されるそうで今からとても愉しみですね。>>お申し込みはこちらから


『聞くが価値』vol.06:

〜潜在無意識に訴えかける「デザインのチカラ」〜
「外見力」と「視覚力」で確実に突き抜ける最強ブランディング術
f0054954_8292150.jpg




◆セミナー概要◆

今回はお二人の講師+シークレットゲストをお迎えして、「外見力」と「視覚力」について学びます。
『世界一わかりやすい会計の本』を出版してる「税理士」のウエスタン安藤さんが、「税理士 安藤惠哉」から「ウエスタン安藤」となりウエスタンハットを愛用しているその秘密を・・・
『視覚マーケティング』のウジトモコさんが2009年の「ブランディング戦略」を左右する「デザインの秘訣」を・・・
「自分デザイン(外見)」と「視覚マーケティング」を知り尽くしたお二人から学ぶ、最強のブランディング術を紹介していただきます!



<第一部>ゲスト講師 ウエスタン安藤氏

1. ただの田舎の税理士だった安藤惠哉が、どのようにしてウエスタン安藤となって出版に至ったのか?
2. 安藤流:自分ブランディングの作り方・考え方
(各トピックは現段階での予定であり、変更することがございます)


<第二部>ゲスト講師 ウジトモコ氏

1. ウジ流:出版実現へのプロセス
2. 2009年は「視覚マーケティング」で圧倒的に差がつく理由
3. 「自分デザイン」(外見力)と「ウェブデザイン」を成功させる戦略的秘訣
(各トピックは現段階での予定であり、変更することがございます)


<第三部>☆★シークレットゲスト★☆

<第四部>質疑応答

※充実したセミナー内容とするため一部変更になる場合もあります。

>>お申し込みはこちらから


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3月にはスーパーサラリーマンとして、人気大急上昇中の「みさ吉さん」プロデュースによる勉強会でも講演の予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



視覚マーケティングのススメ (アスカビジネス)

ウジ トモコ / クロスメディア・パブリッシング

スコア:


# by sikaku-marketing | 2009-01-08 08:48 | お知らせ

読書朝食会”Reading-Lab”に参加して思った[日本の論点]

読書朝食会”Reading-Lab”第36回目に参加して来ました。

実は以前、読書朝食会”Reading-Lab”第9回目 では、自著、視覚マーケティングのススメをご紹介して頂き、話題にして頂いた結構有名な読書の会でもあります。


今回は、スペシャルテーマでなんとお第が

日本の論点 (2009) (文春ムック)
f0165451_1085188.jpg




早朝の7時から、テーマがでかい上に参加者が皆「熱い!!」
(もし、たとえば、連日、徹夜まがいのスケジュールだったとしても、目も覚めます!)


この朝食会で様々な(環境、食品、教育、経済、イジメ...)テーマが論じられた訳ですが、詰まる所やはり情報過多時代にどう対応していくか、何を正しい情報として受け取るのかに未来や可能性の行方はかかっていると痛感。

つまり

情報収集の時代はすでに終わりを告げていて

1)情報の取捨選択
2)情報の整理、カテゴライズ
3)情報発信の技術と経験

が重要になってくるのではないか、と思いました。


もともと「デザインを義務教育の一科目に」を強く望んでおり、「全日本人にデザインスキルとロジックを提供」がミッションであったりする私としてはますます

1)短い時間、あるいはワンチャンスで何をどう判断するのか
2)伝えたいメッセージは、どうしたら伝わるのか
3)媒体は何を選び,どう見せていけばいいのか

内容がメッセージが良いのはもちろん、視覚やデザインを理解し、うまく使っていけるビジネスパーソンや企業こそ、飛躍のチャンスは高まるのではないかと、、、(Amazon,Google,Apple.....)ますます、確信した訳です。


久々の早出で、最近はやっていない早朝ロケを思い出しました。。。
主催の加藤さん、参加者の皆さん,ありがとうございました。m(_ _ )m


▼マスメディア終焉>個人の時代>すべてのビジネスパーソンに必須のスキルとは?
視覚マーケティングのススメ (アスカビジネス)
# by sikaku-marketing | 2008-12-23 10:20 | いい話

「ビューティフルな仕事」アルライズ氏より

『ビューティフルな書籍ができて(マーケティングティチャーの)僕としても嬉しいよ、視覚マーケティングを心から応援しています!アル・ライズより』

The book is beautifully done and we're happy to have copies.
All the best to you and "visual marketing."

Al

ーーーーーーーーーー

尊敬する世界的マーケターであり、『フォーカス』『ポジショニング戦略』の著者としても有名なアルライズ氏からメールをもらいました!

とても嬉しくて、、、、
またぐっすりと眠れそうです!!(笑)

ーーーーーーーーーー

アルライズ氏のウェブサイト
f0165451_2295843.jpg
Ries & Ries


f0165451_2311897.jpg

原書です。どれがどれだか分かります??
amazon Al Ries : 洋書

ーーーーーーーーーー
f0165451_2565047.jpg

売れるもマーケ 当たるもマーケ—マーケティング22の法則 (単行本)


f0165451_2575967.jpg

ブランディング22の法則 (単行本)


f0165451_2542070.jpg

フォーカス! 利益を出しつづける会社にする究極の方法 (単行本(ソフトカバー))

f0165451_255476.jpg

ポジショニング戦略[新版] (単行本(ソフトカバー))


ーーーーーーーーーー

▼ALlAboutProfileで紹介した関連記事
【コラム】戦略の可視化 > 「らしさ」と「一貫性」> 「梯子の法則」http://profile.allabout.co.jp/pf/uji-publicity/column/detail/17779


【Q&A】事業を横に拡大するべきか、縦に深掘りするべきか
http://profile.allabout.co.jp/pf/uji-publicity/qa/detail/18992

【Q&A】満足度と料理の質は落とさず、利益をあげるには?
http://profile.allabout.co.jp/pf/uji-publicity/qa/detail/20422


ーーーーーーーーーー
# by sikaku-marketing | 2008-11-16 02:49 | いい話

紀伊国屋/玉川高島屋店で

f0165451_22192860.jpg


まだ、こんないい場所において頂き感謝です。
紀伊国屋/玉川高島屋店
# by sikaku-marketing | 2008-11-02 22:17 | いい話

読者がつくった「ひくデザイン」と「つかむデザイン」

先日、採用のための戦略デザインについてご相談におみえになった、ある企業の採用担当社の方にとても興味深いものを見せていただきました。

f0165451_11121644.jpg


「すみません、ブログに載せたいのでお借りしていいですか?」
と、なんと頂いて来てしまったのですが、同じコピーをたて組とヨコ組、書体も変えてデザインのいわゆるテストサンプルをつくられています。それをA4サイズの紙にプリントアウトして、わざわざ持って来てくださったのです。

自著を以前読んでいただき、共感するところがあったと名古屋からわざわざお越し頂き、スケジュールをあわせてお会いさせていただきましたが、視覚マーケティング以外にも、マーケティングの様々な手法、論理をすでにお持ちの方とお見受けしました。

そういった勉強熱心なかたに、共感していただけたのは嬉しいですね。

以前、ダイレクトマーケティング(通信販売)の仕事をしていたことがありますが、いわゆるこちらの業界では「テストマーケティング」といって、試す、テストする、結果の良いものを取り入れると行った慣習があります。最近、翻訳されて話題になった、ジョン・ケープルズ(著)ザ・コピーライティング—心の琴線にふれる言葉の法則や、ワンダーマンの「売る広告」にも、テストマーケティングの重要性は強く示唆されています。

そういった慣習があってか、デザイン採用の際に『以前、モデルがサングラスをしていたカットは、バックがよく売れた』『背景に○○をおいたら売れた』など、今目の前にあるデザインの『印象』よりも、過去データから重要性をはかるケースはとても多かったですね。

今、しみじみと思ってみると、テストマーケティングは主に『コピーライティング』に重要だったのかもしれません。


なぜなら、デザインでヒットが出る場合というのは、難しい理屈無しで皆が一斉にこんなことを言う場合がほとんどです。


「おーっ、かっこいいじゃん」
「わたし、これ好きだな!」


つまり、あなたの直感的に感じた通りの「そのまんま」がデザインマーケティングにそのまま使えるというわけです。

ということで、日頃から、あなたはちゃんと見て「感じて」いるでしょうか??
# by sikaku-marketing | 2008-10-13 11:13 | いい話

「「エンジニアがビジネス書を斬る!」丸山さんの「いつも目標達成している人の読書術」に紹介されました!

f0165451_652139.gif


「エンジニアがビジネス書を斬る!」が人気のメルマガとして有名、マルちゃんコと丸山純孝さんの「いつも目標達成している人の読書術」で、なんと「視覚マーケティングのススメ」

お薦めのビジネス書として紹介されました。

==============================

販売を考えていく場合に必ず頭に入れておかないといけない事は、「どんなお客さんに買っていただきたいのか」ということ。ねらっていない人に買ってもらうと、後々お互いのために不幸です。このターゲッティングをするのにもっとも重要なのがデザインなのです。

『いつも目標達成している人の読書術』
P196 どうやったら、買ってもらえるのだろうかと悩んでいる人のために より抜粋)

==============================



1冊の中から、数行でもっともおいしいところを切り取ってくださっています。
さすが『大人の読書提唱人!』アマゾンキャンペーンも期間限定で行われているようです。ほかにも参考になるビジネス書が多く紹介されています。

いつも目標達成している人の読書術 (単行本)丸山 純孝 (著)
価格:¥ 1,575 (税込)

Amazonキャンペーン情報はこちらから
いつも目標達成している人の読書術Amazonキャンペーン
# by sikaku-marketing | 2008-10-04 07:30 | いい話

運命の出会い

「ほんの2〜3年前まで、
あまり出歩かない生活をしていたのですよ」

というとよく驚かれます。

人に会ったり、お話を聞いたり、勉強しにいったりするのはもともと嫌いではありませんが、デザインという仕事はどうしても、計画通りにいい物がアウトプットできるとは限らない。時間がもっと欲しい、と思わなかった日はありません。そんな思いが、ついつい出不精を誘っていたのではないかと思います。

ただ最近は「ちょっと出過ぎたかな、、、」と思って、出る用事を控え気味にしていますが逆に尋ねてくださるかたが沢山いらっしゃいます。嬉しいですね。

今日も何組かの方にお会いしましたが
とても印象的だったのは自著『視覚マーケティングのススメ』の読者です、とおっしゃる明るくて、いかにも快活そうな素敵な女性とそのご主人。

ご夫婦での来訪はさすがにはじめてです(笑)
素敵なお花とお土産まで頂き、恐縮です。

まるで、初対面とは思えぬリラックスした雰囲気で、
とても愉しいひとときを過ごさせていただきました。

Aさん(とその女性を呼ばせていただきます)はいわゆる、右脳系販売員(?)、あるいは企画営業系の方とお見受けしました。印象的な言葉。

「私は売る事に興味があります」
「デザインのいい物の方が絶対に売れるという実感があるのです」

ご趣味がフラワーアレンジメントや和装の気付、ということでデザインやクリエイティブにもとても興味をお持ちなのですね。
そして彼女の販売員時代の体験と『視覚マーケティングのススメ』に書いてあった事がぴったりシンクロした、ずっと現場で実感していた事通りだった、なんとなく感じていた事が言語化されていてすっきりした、と言っていただけました。
(この話は、本当に面白かったので今度コラムできちんと紹介しますね。)

ちなみに、大手系(?)のSEさんとお見受けしましたが、もの静かで優しそうで、でも1本、筋が通っているといった感じのご主人様も素敵でした。
主観的な意見ですが、いわゆる日本男子(にっぽんだんじ)風、もの静かだけど芯が強いという、こういう真面目な人柄がやはり今の日本を支えていると思います。
仲の良いご夫婦の来訪は本当に嬉しかったです。

本を書くまでは比較的、仕事を中心にごく限られた人と会う生活をしていたのですが、最近は『ああ、この人に会うべくしてお会いしたのだ」と運命の出会いを感じる瞬間は多いです。


自分が差し出した物がすべて、自分に返ってくる。
現場の一制作者として、著者として、気の引き締まる思いです。


「次作も期待しています」と最近よく言っていただけるようになりました。


ええ、次作もぜひ期待していてください!
# by sikaku-marketing | 2008-10-03 06:45 | いい話

嶋ひろゆきさんの公式ブログでピックアップされました!

「売れ顔」の法則—ならべれば売れるヒット商品のつくり方 嶋ひろゆきさんの公式ブログで日本最大級のマーケッター向け勉強会「商品開発の会」の2次会の模様がピックされていました。
f0165451_20291723.jpg


実はなんと、大手電器メーカP社のKさん、ユーザーデザインラボの田附さんからも(なんと北海道から!)「嶋さんのブログで紹介されているよ!」とメールをいただきました!

いっしょに映っているのは悪女研究会の代表でいい女でも代表ナオミさん、『出会いの大学』の千葉 智之さん。

いや〜。本当に豪華な会でした。


オールアバウトの方でもレポートしていますので、宜しければ覗いてみてくださいね!
# by sikaku-marketing | 2008-09-15 21:01 | いい話

聖幸さんの成功本ブログ「俺100」(俺と100冊の成功本)に視覚マーケティングのススメが紹介されました!

「書きづらいんだろうなぁ。この本は歯切れのいいことはなかなか書きづらい。」
f0165451_8381340.jpg

俺と100冊の成功本/視覚マーケティングのススメ

とご自身がおっしゃりながらも、非常に歯切れの良い書評を頂きました。
心から感謝です。

聖幸さんのブログ記事より

------------------------------------------------------------

・[N] 「視覚マーケティングのススメ」が面白そうな予感

「本物の書評記事が来たら、俺も後追いして、トラックバックしてウマー!」なんて考えていたら、全然その後の続報が無くて、

------------------------------------------------------------



あ、そうですそうです。こんな私でさえ、ちゃっかりトラバのチャンスを狙っていました(笑)。しかしなんと次が驚くことにランキングで、すでに、というか全く追いきれていませんでした・・・。


続けて、以下のようなすばらしいコメントもしていただきました。


------------------------------------------------------------

このように、やはり分野の得手不得手があり、そして、基本的には、「語るべき人がそれを語る」というのがやはり大事だと思います。私ももちろんそう思います。

しかし、80点の人が90点、100点になるのも、もちろん大事ですが、20点の人が80点になるのも素晴らしいことではないかと思います。

------------------------------------------------------------



そうなのです。ありがとうございます。そのとおりなのです。

実は編集者さんとも、執筆中、何度も確認をしていたのですが(ここだけはブレてはいけないと)デザイナー向けの書籍でないデザインの本を創ろう、ビジネス書の棚に並ぶ本を創ろう、だって世の中にあんまりないし!という事が前提での書籍でした。ですので、こういった感想は本当に嬉しかったです。

実際、私自身、専門家としてデザインの本を読みます。が、正直に言うと、
聖幸さんのたとえが素晴らしく分かりやすかったのでそのまま使わせていただきますが、デザイン関連の書籍はすでに100点の方が150点の事を書いているようなものが多いことは確かです。

デザインの専門書・・・「読まねばー。」と思っている自分に対して、
ブロガーさんの記事・・・「あ、○○さん更新している。早く読んどかなきゃ!」

と思っている自分が事実いる訳ですし。聖幸さんを20点とは全く思いませんが、面白くて読みやすくてためになる、使える本を創りたかったことだけは確かです。


さらに続けてこのように述べられています。


------------------------------------------------------------

そして、私は個人的なイメージとしては、自分のブログを寺山修司とlunaseaを足して2で割った風にしたい。

------------------------------------------------------------



これですよ!これ!

でき上がりが「それ風である」とか、「あっという間にデザイナー風にできる」とか、本当はそう言う事はどうでもいいんです。

つまり自分で「こうしたい!」という絵が思い描ける事、それ自体が一番素晴らしい事だと思うのです

出来不出来は、お金で買えます。意味があるのは「本人にイメージがあるか」という事なんです。誰かのコピーじゃダメなんです。


以前、読書メモ/みんなの「知識」をビジネスにする (兼本謙任、佐々木俊尚)tokuriki.comというエントリーで徳力さんが述べていらっしゃいましたが


------------------------------------------------------------

 ちなみに、個人的に印象に残ったのは、デザインにおける日本とヨーロッパの文化の違いのくだり。
 日本のデザイン力はボトムアップで民衆から出てきているのに対し、ヨーロッパは、貴族がパトロンになった形のトップダウンのアートという大きな違いがあるようです。

------------------------------------------------------------



そうですよね。そもそも日本人は墨と紙、砂や岩といったところからも素晴らしいアートを産み出している訳だし、本(※)でも読みましたが日本人のデザインセンスは世界最高水準なんだそうです。



記事のおわりで


------------------------------------------------------------

普段、ブログデザインはもちろんのこと、プライベートの服装もほとんど気を使わない私ですが、本書を読み、恐ろしくなりました。
自分が知らず知らずに見た目でいろいろなことを判断しているのに、自分の事にはとんと無頓着なことに気がつきました。

そんな事を強烈に痛感させられる本でした。

------------------------------------------------------------



と書いていらっしゃいます。が、実は、こうおっしゃっている聖幸さんも含めて無意識に「視覚マーケティング」をすでにしていらっしゃるという例は多いです。

自著でもふれていますが、例えば文字組。以前、自身のブログ※参考「ちょうどいい距離感」使えるデザインセミナーでもとり上げていますが、
「俺100」を読んでいて、著者の聖幸さんを(実際には遠くにいらっしゃるにもかかわらず)身近に感じた事はありませんか。それは、もちろんご本人の書き味でもあるのですが行間、というか紙面に対してのこの文字の詰まり具合の印象が対象からの距離を実際よりも縮めているのです。

対象と距離感をあえてとっているBLOGもあります。

無意識なのかもしれませんがそういったBLOGはすでに行間や字間、あるいは白場が空いています。もしも狙いがそうであるならばですが、マッチングしているからこれはこれでOKなのです。

ですから、むしろ問題があるのは、対象に食い込みたい!!と思っているのにもかかわらず行間がやたらに空いているケース、逆に対象とは距離を置きたいのに文字間もツメツメ、行間もびっしり、、、という場合。


ですから、たぶん、、、ですけどこれから「俺100」が突然、行間アキアキ、白場がスッキリみたいになってしまうと(ならないと思いますが)「なんだか、聖幸さん、遠くに行っちゃったみたい。。。」というクレームが来る可能性はあります。


と、なんだか、ずいぶんと脱線してしまったような気もしますが、自著の骨子となる部分にふれていただき、本当に感謝しています。聖幸さん、ありがとうございました!

俺と100冊の成功本

視覚マーケティングのススメ

※売れる商品デザインの法則
# by sikaku-marketing | 2008-08-01 10:04 | いい話

「シカマケ」が「シゴタノ!」ブックス5位にランクイン


「シゴタノ」ベストセラー
f0165451_942699.jpg


視覚マーケティングのススメが仕事術の達人でアルファブロガー、数多くの著書の執筆者である大橋悦夫さんの人気ブログ「シゴタノ」ベストセラーの5位にランキングしていました!

えっ、なぜ今頃と思ってご本人に聞いていました!

------

毎週金曜日に、その日から30日前までの間に売れた本の集計です。
シカマケは先週ぐっとランクアップしましたねー。

------


なるほど!30日間までの貯金が溜まっていくしくみなのですね☆
ありがとうございます!


しかし、それにしてもマーク富岡さんの3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術は,相変わらず強いですねぇ〜。

もうすぐ、ランクからは消え去ってしまうと思うので、
ぜひ今のうちに!

▼最新記事安定して見込み客が半永久的に集まり続ける仕組みを創るための3つのポイント
「シゴタノ」仕事を楽しくする研究日誌

▼こちらもおススメ
ユダヤ商人を手玉に取るマーケティング講座
# by sikaku-marketing | 2008-07-31 09:17 | いい話

マインドマップ的読書感想文BLOGでお役立ち書籍として紹介されました!

「ビジネス書のコンシェルジュ」兼「脱サラ税理士」smoothさんによる、人気ブログマインドマップ的読書感想文で『視覚マーケティングのススメ』がお役立ち、お勧め書籍として紹介されました。

『本の達人─ Smooth氏に聞く』(日経BPNet)でsmoothさんは

「書評ブログはたくさんあります。橋本大也さんの『情報考学』のような分野横断型のスーパーブログもありますが、多くのブログはそれぞれの得意分野を明確にしています。私のブログはビジネス書の分野に特化しています」

と述べていらっしゃいますが、マインドマップ的読書感想文のコアターゲットである読者の多くは仕事術、勉強本など真剣に熟読されているビジネスパーソンの方がやはりとても多いそうです。

smoothさんの真摯な、真面目で実直な切り口がそういった勉強熱心な読者の方々を引き寄せるのでしょう。(ブログランキングでも大人気ですよね)

【オススメ】「視覚マーケティングのススメ」はお役立ち!の紹介記事のすごいところは、自著のポイントを実に「使い手目線」で紹介して下さっていることはもちろん、著者ブログ(このブログの過去ログ)やデザインブログの過去ログまで掘り下げて頂いており、ううっ・・著者冥利につきますっ。本当にありがとうございます。光栄です。


ちなみに、紹介記事の冒頭で「シゴタノさん」「ネタフルさん」での紹介記事もリンクまで張っていただき丁寧にご紹介していただきました!


ところでsmoothさんは知る人ぞ知る、「献本NG」のブロガー様なんですね。

実は、それを知りつつ、「アマゾンアタック」ならぬ「smoothアタック」して、以前完全玉砕していたのですが、今回、このようなご紹介をして頂き、本当に感激です☆
(いえいえ、よい子は、「smoothアタック」なんて真似は決してしないでくださいね。smoothさんは「公平・実直」がモットーのお方なのです。)



で、もって実務(プレゼン・入稿)におわれていて、他のBLOGにも素晴らしいご紹介を頂いたのにこの著者ブログで紹介し損ねていることを、今、突然に、思い出しました(反省)。m(_ _)m
日時が遡る物も当然あるのですが、きちんと、ご紹介せねば・・・


と思わず襟を正したくなる、素晴らしいご紹介でした。

本当にありがとうございました。


マインドマップ的読書感想文

f0165451_0101011.jpg

【オススメ】「視覚マーケティングのススメ」はお役立ち!
# by sikaku-marketing | 2008-07-28 00:22 | いい話

平積み(面置き)も「視覚マーケティング」ですよね。

f0165451_992596.jpg


(1)大型書店で平積み(面置き)される・・・>>売れている、あるいは「良書に違いない!」と見て感じる・・>>クラス(実績、バリュー)

(2)目について、ぱらぱらと手に取ってみる。『ピン』とくる・・・>>好き、あるいは過去の経験から面白そうな予感がする・・>>タイプ(好み)、経験値による判断

(1)+(2)=「探し物はこれだった!」(出会いは必然であると感じる)・・>>即買い



ということで、出版社さま、書店さま、ありがとうございます!!



f0165451_9182496.jpg

BOOK FIRST 自由が丘店
# by sikaku-marketing | 2008-07-19 09:31 | いい話

宣伝会議 7/15号『巻頭特集』でコメントが掲載されています。

宣伝会議 7/15号  
巻頭特集 「ホスピタリティの勘違い」

f0165451_23262672.jpg

でコメントを掲載してもらっています。

----------------

広告クリエイティブの「勘違い」を未然に防ぐには?

位置づけと戦略を可視化できるデザインは企業の大きな武器

(中略)販促で結果が出にくい企業の大半は制作会社にすべてをゆだねる「お任せタイプ」かあれもこれもとたくさんの要素を入れたがる「欲張りタイプ」に大別されるという。ウジ氏はこの2つのタイプの共通点として「自社の魅力や業界でのポジショニングについての認識が不十分で広告計画についても長期的な戦略がきちんと立てられていない場合が多い」と指摘する。

市場でのポジション取りが目に見えて重要となっている今日、(中略)視覚マーケティングができる企業にこそ、大きなチャンスがある。

----------------

宣伝会議 7/15号より


ご興味のある方は、ぜひ、お手に取ってみてくださいね。
# by sikaku-marketing | 2008-07-18 23:29 | お知らせ