カテゴリ:推薦文( 12 )

視覚マーケティングのススメ


-------------------

ぱっと見でマーケットを一気に拡大させてしまうのが「視覚マーケティング」

デザインの基本を知って、戦略的に使いこなせばローリスクハイリターンなのです。
私自身の実体験からもその思いは年々強くなっております。


発売前にゲラの一部を拝見しましたが、
デザインによって、その商品やサービスの
「世界観」や「雰囲気」を作りあげていくことの大切さと、
図解チャートを使って、デザインによる商品やサービスのポジショニングが
分かりやすく書かれています。

これまでなんとなく良く感じるデザイン、
何となくしっくり来ないデザインの違いは
わかるものの、実際にそれがなんなのかを
具体的に表現できる人はそう多くないのではないかと思います。


小さい会社が少ない投資で、最大限の回収をする際に
この本が役立ってくれるでしょう。

弊社のWEB制作担当者に、教材として一冊づつ配布する予定です。


企画運営  株式会社 とち亀物産
店長    上野 真歳 (うえのまさとし)

-----------------------

by sikaku-marketing | 2008-05-11 17:27 | 推薦文

0歳からの整体師の中西貴大です。


-------------------

ウジ様

0歳からの整体師の中西貴大です。

早速、拝読させて頂きました。

本当に、目から鱗でした。

「探しものはこれだった。」とお客さんに思ってもらえる為の視覚マーケッティング。

色々な同業のお店を回り、やっと辿りついたと思ってもらえるときほど、嬉しいことは無いと思いませんか?

私は、整体を仕事にしていますが、「ここに来れてよかった」と言ってもらえる瞬間が本当に最高の喜びだと思います。

これだけ、同業が多くなると、お客さんもどこに行けばいいのか迷ってしまっています。

そんなときに、視覚マーケッティングの思考を利用して、あなたの店だけの強みやらしさを完全に色やコピーで代弁できたら、あなたのお店にマッチしたお客さんがよそ見をすることなく最短距離で来店出来る素晴らしいマーケッティングだと思います。

中小企業のオーナーさん方は、一度自社の方向性や強み等を洗い出し、ロゴやパンフレット等が一致しているか考える際に、是非側に置いて読まれることを強くお薦めいたします。


ウジさん、素晴らしい本を出版してくれて有難うございます。

私にとって、この本が「探しものはこの本でした」という本になりました。

ライバルには、読まれたくない本です。


芦屋カイロプラクティック 代表 中西 貴大

-----------------------


▼合わせてこちらも!
3万円のイメージ?3億円のイメージ?
by sikaku-marketing | 2008-05-11 09:18 | 推薦文

私にとって「デザインはよくわからないもの」でした。


-------------------

「これは気持が悪い」

一緒に飲んでいた工業デザイナーの友人がある雑誌の表紙を見て言いました。酔いがさめるほど気持ちが悪かったらしく、ご機嫌ナナメでした。

私にはどこが気持ち悪いのか分からず、ハトが豆鉄砲を喰らったような顔をしながら、プレミアム焼酎「百年の孤独」の元になる麦焼酎「中々」をチビチビと飲んでいました。

こんな経験をした私にとって「デザインはよくわからないもの」でした。

ゴールデンウィークに『視覚マーケティングのススメ』の一部を先読みをさせていただきました。

おいしい料理とデザインの比ゆを読んで、「あ〜ここからはじめればいいんだ」と分かったことは収穫でした。

このコンテンツだけでビジネスを急成長することを夢見ることは難しいですが、「デザインはよくわからないもの」と洞窟に閉じこもっていた私にとって、一筋の光が差し込み、世界の広がりを予感させる福音でした。


黒沼正義

-----------------------

by sikaku-marketing | 2008-05-10 07:07 | 推薦文

般若心経にも書かれている視覚の大切さ


-------------------

もし極楽浄土に産業廃棄物が捨てられている絵を見たら・・・
とてもそんな世界に行きたいとは思わないですよね。

これは極端な例かもしれませんが、同じようにその会社のブランドを
デザインが台無しにしているのだとしたら
自分が社長だったら怖くなってしまいます。

般若心経に登場する人間の感覚は「眼耳鼻舌身意」の6つですが、
眼、つまり視覚が最初に書かれているのは、一番惑わされやすいから。

まず視覚に飛び込んでくるデザインによって正しいブランドが
伝えられなければ相手を迷わせてしまうことになり

せっかくのご縁を失ってしまうこともあります。


そんな大切な視覚ですが、これをテーマにしたマーケティング本って
なかったですよね。

この本をきっかけに世の中に広まることを期待してます。

                           合掌


【頼れる住職+なごみ税理士】 しょーえん

-----------------------

by sikaku-marketing | 2008-05-09 11:35 | 推薦文

「無知」であることの恐ろしさ


-------------------

この本を読んだときに「無知」であることの恐ろしさを感じました。

「デザインが人の行動を左右する」
その事を知っていて、それを戦略的に活用してる人が
世の中にどれ程いることでしょう。

かく言う私も
今まで直感だけでHPやロゴなどを作ってきました。
名刺などは風水で色を決めていたほどです(笑)

そんなデザイン素人の私にでも
この「視覚マーケティングのススメ」は
驚くほど読みやすく納得ができる内容でした。

ウジトモコさんと知り合い、
イメージ戦略には視覚マーケティングの活用がかかせない事を学びました。
それを実行するようになって以来、ビジネスは常に好調をキープしています。

かつての私と同じように
直感と閃きだけで生きている経営者仲間に、
この本は首根っこを掴んででも読ませようと思っています。

実際の売上、利益が変わったときに
彼等は私とウジさんに感謝することでしょう。


エレガンス宮本


-----------------------

by sikaku-marketing | 2008-05-08 23:31 | 推薦文

この本は本物です。


-------------------

ウジさんにデザインしていただいた名刺を使うようになって売上げが
上がりました。

きっかけは名刺交換の際にお客様と話が出来るようになったこと。

今まで、スタッフ全員同じデザインの名刺でしたが、
それぞれが担当した建築の写真を入れるようにと
ウジさんのアイディアです。

名刺もイタリアを得意とするデザイン事務所らしく細くして下さいました。
名刺がそのまま営業ツールとしても使えることを実感しています。

お客様にはインパクトが強くすぐ覚えてもらえますし、
何より、カッコイイ名刺を持ち歩くスタッフのマインドが変わったようです。

この本を読んでウジさんが名刺をデザインしてくれた背景、
深い意図が良くわかりました。

知らずにいると勿体ないことばかりが書いてあります。
経営者の方にすぐに読んで欲しい1冊です。


 建築デザイナー 戸倉容子 

-----------------------

by sikaku-marketing | 2008-05-08 16:51 | 推薦文

No more spray and pray      谷口浩一


-------------------

『視覚』を軽視する経営者がまだまだ多いってこと、ご存知ですか?



『視覚=デザイン=色・形』程度の理解の上に立って、マーケティング/プロモーションをお考えになる。
これでは、せっかくの経営戦略も、社長さんの好き/嫌いのレベルに留まること間違いなし。


”Spray and Pray”


これは、マスメディアにたくさんのお金を積んで、大量に噴霧しまくって、
あとはうまくいくことを祈ろうっていう従来のマーケティング手法を揶揄する、遊び心と示唆に飛んだメッセージです。
まさに、『視覚』なくして戦略なし の時代に突入です。


例えば、経営者の多くは、Webサイトの中で起きている『事件』をご存じないようです。
知らないうちに振るいにかけられ、切り捨てられているという過酷な現実
を。
そして、「選ばれるか/切り捨てられるか」は、最初の接点であるサイトや
エディトリアルデザインなどの『視覚』要素が大いに影響しているということも。


世の中の人の多くは、あなたの会社がなくても困りはしません。
だからこそ、


『選ばれる理由』を『視覚』と『情報』


で武装することが必要なんです。


売れるには理由があります。
売れる戦略の裏には緻密な「視覚」マーケティングがあるんです。


「それはよくわかるが、何から手をつければいいか・・・」


なんて弱音は吐かないでください。
まだ手遅れじゃない。
なぜなら、今、こうして、あなたを導く良書が登場したんですから。




株式会社チームデルタ 代表取締役
Webプロデューサー  谷口浩一

-----------------------

by sikaku-marketing | 2008-05-07 20:34 | 推薦文

田中あねさんより励ましのお便り


-------------------

ウジさま
拝読しました。

ついにやったね!!!!という高揚した気持ちです。
私も広告制作に長い間携わってきたコピーライターですが
広告、デザイン&コピーライティングに関して
自分では制作するけれど、クライアントや一般の方に筋道立てて
説明することを放棄してきたのです。

なぜか?

とてつもなく難しいことだからです。

ウジさんはついに、制作側からクライアントへ橋を架けました。
デザインの意味をお伝えし、コピーの効果を鮮やかに語り
クライアントの成功を、ビジュアルで援護射撃するのです。

電波と紙媒体を中心に、一部のプロが独占していたクリエイティブ。
それがWEBの出現によって、必要とする人が圧倒的に増えました。
だからこそ、クライアントが、主人公となるデザイン実用書、
誰もがのどから手が出るほど欲しかった一冊です。

デザインの力は、本当に大きい。(コピーもね、、、笑)
それが「腑に落ちた」時から、
ビジネスは増殖します。エンジンが備わります。

いやあ、ウジさん、本当にやりましたね。
惚れ直しました。エポックメイキングです。

田中 あね

-----------------------

by sikaku-marketing | 2008-05-07 15:54 | 推薦文

ターレス今井さんから、ひと言


-------------------

デザインと言っても深いですね。

-----------------------


代表 今井 孝 / ターレス
CarriageWay Consulting (キャリッジウェイ・コンサルティング)
by sikaku-marketing | 2008-05-07 12:24 | 推薦文

城石ゆかりさんより応援メッセージ


-------------------

営業のプロとしては
こういうのが欲しかった!という一冊です。

どの順番でどの言葉を伝えるか、
お客様にどう見せるか・・・などで
簡単にウン千万単位で売上が変わる営業マンなら
言葉にならない印象を暗に伝えることが出来る
デザインについては
知っていて損はない。

だが、デザインとなると伝え方が曖昧で
『営業のわかるデザイナーじゃないと話にならない・・・』と
いつも思っていました。

まさにそこを解決してくれる出来!

素晴らしい♪

いつも応援しています!


□城石ゆかり
株式会社ウンゴロウンゴロ代表取締役 

-----------------------


コネなし、金なしのまさに「0」からの立ち上げで、今や会員数2万人、3ヶ月待ち、入会制限をする人気エステティックサロンなど7社経営。九州で20代〜30代の女性に絶大な支持を得る城石さん、力強い応援メッセージをありがとうございました!!
by sikaku-marketing | 2008-05-07 06:53 | 推薦文